よくある質問

風邪を引いている犬や猫をペットホテルに預けないといけない場合の注意点とは?

風邪を引いている犬や猫をペットホテルに預けないといけない場合の注意点を解説します

事前にお問い合わせください

当店では、病気やケガなどをしているワンちゃんやネコちゃんでも、健康状態によってはお預かりできることもあります。

現在の健康状態をお伝えください

健康状態を正直に伝えると預かってもらえないのではという気持ちから、現在の健康状態を正確に伝えたくないと考える方もおられるかもしれませんが、正しい状態を把握しないままでは必要なケアができないばかりか、ほかのワンちゃんやネコちゃんに風邪をうつしてしまうこともありますので、現在の健康状態は正確にお知らせください。

また、獣医師の診察を求められたときは、きちんと診察を受けてくださるよう、お願いします。

食事の与え方をお伝えください

風邪をひいているときは、普段よりも食欲が落ちることが多いため、事前に体調が悪いときの食欲の程度や、食べ方の好みをお伝えください。

また、その日の体調次第で食べるものが変わる、偏食が強くなるといったワンちゃんやネコちゃんは、状態に合わせて食事を提供できるよう複数のフードを預けるなどの工夫も必要です。

万が一のときは連絡がつくようにお電話番号をお伝えください

人間に比べて体が小さいワンちゃんやネコちゃんは、お預かりした時点では元気でも、急に体調が悪化することがあります。

もし、お預かり中に体調が急変した場合、すぐに連絡をさせていただきますので、連絡がつく電話番号をお伝えください。連絡がつかなかった場合は、当店の判断で医師の診断を受けることがあります。

なお、処置費用は実費負担となり、チェックアウト時にお支払いいただくことになるのでご注意ください。

当店では、WEBカメラでペットのようすをチェックできるオプションもございますので、体調の変化や過ごし方が気になるという方は、ご利用をおすすめします。

静かに過ごせるお部屋選び

体調がすぐれないときは静かな環境で過ごしたいという気持ちは、人間もワンちゃん、ネコちゃんたちも同じです。

また動物は、体が弱っているときは外敵に襲われるという不安が強いため、近くに他の犬やネコがいることにストレスを感じてしまいますので、安心して静かに過ごせる広いパーソナルスペースが持てるお部屋を選んであげるとよいでしょう。

また、もぐりこんで隠れられるようなタオルや敷物などがあると、より安心できる環境を作ることができます。

まとめ

風邪をひいているときのペットホテル滞在は、ワンちゃんやネコちゃんたちにとって大きなストレスになるだけではなく、急に体調が悪化したときに対応が遅れてしまう可能性もありますので、出来る限り控えたほうがよいでしょう。

もし、風邪をひいているときにペットホテルを利用するときは、健康状態を正確に伝え、しっかりと準備をすることで、ワンちゃん、ネコちゃんの不安を和らげてあげることができます。

風邪をひいているワンちゃんやネコちゃんのお預かりをご希望の方は、当店に一度ご相談ください。

 

一覧に戻る

お問い合わせはこちら

ご予約カレンダー