よくある質問

妊娠中の犬やネコをペットホテルに預けないといけない場合の注意点とは?

妊娠中のワンちゃんやネコちゃんをペットホテルに預けないといけない場合の注意点について解説します

妊娠中の体はとてもデリケート

妊娠中のワンちゃんやネコちゃんは、妊娠中の人間同様、とてもデリケートな状態で、妊娠していない時に比べるとストレスを感じやすく、攻撃的になる、食欲がなくなるなど、行動や体調のトラブルが起こりやすい時期です。

環境の変化を嫌うネコちゃんなどの場合は特にストレスが大きいため、妊娠中のペットホテル利用は避けたいところですが、長期出張などのためにペットホテルを利用しなくてはならないこともあります。

初めてペットホテルを利用する場合はもちろん、これまでに何度もペットホテルを利用している場合でも、妊娠中という特別な時期を安心して過ごせるよう、しっかりと準備をしてあげる必要があります。

妊娠中であることを必ず知らせてください

妊娠中のワンちゃんやネコちゃんは、お預かりすることができない場合がありますが、妊娠していることを知らないままお世話をすると、妊娠中に必要なケアができないほか、急な体調変化に対応ができなくなりますので、妊娠中であることは必ずお知らせください。

ストレスなく過ごすための工夫を

妊娠中は普段よりもストレスを感じやすいため、ペットホテルに慣れている場合でもストレスを感じることがあります。

お気に入りのおもちゃやクッションなどを預けてリラックスしやすい環境を作ってあげるだけではなく、ほかのワンちゃんやネコちゃんの存在が気にならないよう、プライベートな空間が広い個室を選ぶなど、性格や状態に合った環境を選んであげてください。

万が一への備えも

ワンちゃんやネコちゃんは妊娠初期や中期は流産しやすく、後期はいつ出産が始まるかわかりにくいため、急な体調変化に気づける、対処できる備えが必要です。

当店は、万が一のときは獣医師と連携を取れる体制が整っているほか、WEBカメラでペットのようすをチェックできるオプションもございますが、体調が急に変わりやすい妊娠中のワンちゃんやネコちゃんにつきましては一度お問い合わせください。

ショートステイで様子を見る

ペットホテルに慣れているワンちゃんやネコちゃんでも、妊娠中は不安やストレスを感じやすく、普段以上に負担を感じてしまいますので、宿泊をする前にショートステイでストレスの感じ方や、どんな風に過ごそうとしているかなどをチェックすることをおすすめします。

まとめ

ペットホテルで妊娠中を過ごすことは、飼い主様にとっても、ワンちゃん、ネコちゃんたちにとっても不安が大きく、強いストレスとなりますが、事前の相談と準備をすることで、不安を減らし、妊娠中でも快適に過ごすことができます。

妊娠中のワンちゃんやネコちゃんの、ペットホテル利用をご検討の飼い主様は、一度当店にご相談ください。

 

一覧に戻る

お問い合わせはこちら

ご予約カレンダー