よくある質問

犬・猫をペットホテルに預ける際に持参すべき物には何がありますか?

犬・猫をペットホテルに預ける際に持参すべき物をご紹介します

「普段通り」に過ごしてもらうために

ワンちゃんやネコちゃんにとって、自宅とは全く環境が違うペットホテルで過ごすことは大きなストレスとなり、特に小型犬や猫は、ストレスによる食欲低下や、偏食などで体調を崩してしまうことがあります。

ストレスを減らし、できるだけ「普段通り」に過ごせるよう、ペットホテルを利用する際はワンちゃんやネコちゃんたちのために持参していただきたいものがいくつかあります。

1:いつも食べている「フード」


ペットホテルによっては飼い主様がフードを用意する必要がないところもありますが、当店ではワンちゃんやネコちゃんが普段食べているフードを日数分お預かりします。

大型犬の場合、比較的なんでも食べることが多いのですが、小型犬は偏食が強く、特定のフードしか食べないことがあるほか、慣れない環境で食べなれないフードを食べることは、ワンちゃんやネコちゃんにとってストレスになるためです。

ドライフード、ウェットフードのどちらでもお預かりできますが、ウェットフードの場合は1回分の食事が1つずつパッケージされている個別包装タイプのみとなり、開封後冷蔵庫で保存する必要があるフードは衛生上の関係でお預かりできません。

2:普段使っているオモチャなど


住み慣れたお家と飼い主様から離れて過ごす不安と寂しさを和らげために、ワンちゃんやネコちゃんのお気に入りのボール、ぬいぐるみなどのオモチャをご持参ください。

ただし、大きなオモチャや誤飲の危険がある小さなものなどはお預かりできないことがあります。

屋上ドッグランで使用することもありますので、記名またはマークをつけて持ち主が分かるようにしてください。

3:普段使っているタオル、敷物、食器


できる限りお家と同じ環境で過ごしてもらうため、普段使っているタオル、敷物、食器をご持参ください。

4:リード


普段のお散歩のときに使用するリードをご持参ください。

5:飼い主様の身分証明書


ワンちゃんやネコちゃんの準備は万端でも、意外と忘れがちなのが飼い主様の身分証明書です。

当店ではお預かりの際、事故防止のために運転免許証や健康保険証で身元の確認をさせていただいておりますので、必ずご持参ください。

まとめ

以上は当店をご利用の際必ず必要となるものですが、オモチャやフードの内容など、心配な点があればいつでもご相談ください。

また、ワンちゃんやネコちゃんの年齢、体調、利用期間によって必要な物も異なりますので、ご不明な点や、ご不安な点がありまあしたら、お気軽にお問い合わせください。

一覧に戻る

お問い合わせはこちら

ご予約カレンダー