よくある質問

犬を家で一人で留守番させるのとペットホテルに預けるのとどちらがいいですか?

留守番とペットホテルの特徴を紹介します

それぞれ特徴がありますので、どちらが自宅の状況やペットに合っているかを考えて選ぶのが一番です。

留守番とペットホテルの違い

ペットホテルなら家の中が荒れない


お留守番の場合、元気なペットであれば万が一留守中に家のクッションなどを破いてしまったりティッシュなどを全て出してしまい、帰宅してから処理が大変…ということもあります。物を壊す他にも、家中におしっこなどを撒き散らしてしまうこともあり、ペットが普段そのような行動をしなくても、長期間留守にすることでの不安から発生することもあります。

 

特に今までペットだけで留守番をした経験が少なく、慣れていない場合などにパニックになってしまうケースがあります。

ペットホテルでの不安軽減のために


ペットホテルは普段いる場所ではないため、お留守番をしたことがないペットの場合、普段と違う場所でご主人様もいないことからペットが不安になってしまうこともあります。もちろん、お留守番でもご主人様がいないことで不安になる可能性はあります。

 

ペットホテルでのペットの不安に関しては普段使用している毛布やおもちゃなどをお持ちいただくことで不安の緩和になります。また預ける前にある程度余裕がある場合は、預ける予定のペットホテルに数時間の短期利用やお泊りを体験させて、ペットホテルの雰囲気やスタッフさんにも慣れさせておくと不安が軽減されます。

お留守番は処理・世話が必要

餌や水は日数分用意可能か


当然ではありますが、留守の間ペットにある程度一定の間隔で餌や水をあげられるように工夫しなければいけません。もともとワンちゃんや猫ちゃんは、一日のなかで等間隔で食事をとる動物ではないのですが、極端に時間が空くことで次の食事を

とった際にもどしてしまうこともあります。お留守番中には自動餌やり器、給水器などを活用しましょう。

普段のトイレの処理頻度は?


お留守番の最大の問題はトイレの処理ができないということです。猫ちゃんの砂であればシステムタイプで1ヶ月持つというのもありますが、家にあるトイレを普段どの頻度で交換、掃除しているかということで考えましょう。いつもと同様のペースでのトイレ処理が難しいのであれば、放置状態となるお留守番は好ましくありません。

まとめ

家以外の環境にまったく慣れていないのであれば、慣らすためにお留守番を選ぶという場合もあります。ただし、ちょっとした期間であればお留守番でもよいですが、長期間や頻繁に空けることが多く、準備が手間ならばペットホテルへ預けていただくことをお勧めします。注意点として、ご主人様と離れることに慣れていない高齢や1年未満のペットはお受けできないこともありますので、一度ご相談ください。

一覧に戻る

お問い合わせはこちら

ご予約カレンダー