ブログ記事

豆知識・プチ情報

熱中症

こんにちは。ペットホテル「クーケット」です。毎日暑い日が続いていますね。こんな日が続くと、大切なワンちゃんも熱中症にならないか心配ですよね。熱中症は対処が遅れると死に至るケースもあるので、絶対に軽視してはいけません。今日は、大切なワンちゃんが熱中症にならない為に、気を付けてあげてほしい事をお伝えしたいと思います。よかったら、参考にしてみてくださいね。ソース画像を表示

1、お散歩:地面に近づくほど温度は高くなるため、ワンちゃんは人が感じている温度の5~17度も高い温度の中で歩いています。そのため暑い日には地面の近くが50度近くまで達することもあるんです。人との体感温度の違いによる認識の甘さは、ワンちゃんの熱中症を増やす原因となります。外で散歩する時には、暑い時間や湿度が高い時は避け、また、なるべく日陰を歩かせてあげてください。

 

2、水分補給:暑い日に外に出ると、ワンちゃんの呼吸が早くなり舌を出して、ハアハアすることがありますよね。ワンちゃんは汗腺が足の裏の肉球部分にしかないので、舌を出して呼吸を浅く早くし、唾液を蒸発させて熱を逃がすことで体温を下げているのです。しかし、唾液を蒸発させすぎると水分が足りなくなるため、同時に水分補給をすることが大切です。暑い日は、こまめに水分補給をしてあげてください。

 

3、室内:ワンちゃんが熱中症を起こす割合は、全体の7割が室内であり、外の散歩時よりも多いデータが出ているそうです。家の中では窓を開けて風が通るようにしたり、クーラーで温度・湿度を管理してあげてください。また、新鮮なお水をたっぷりと置いておいてあげてください。

 

4、屋外:ワンちゃんを炎天下や直射日光があたる場所、蒸し暑い日の屋外で遊ばせるのは危険です。また、日陰のないコンクリートの上など、照り返しの強い場所は特に危険ですので、屋外でワンちゃんを遊ばせる際は、時間や場所を考えて遊ばせるようにしてください。また、キャリーバックなどに入れて屋外に連れ出す場合は、熱がこもりやすいので、こまめに観察してあげてください。

 

5、車:車の中は気温が上がりやすいので、エンジンを切った車内でのワンちゃんのお留守番は夏以外でも危険です。車に乗せる場合はエアコンで車内を涼しく保ってあげてください。

 

ワンちゃんは人よりも暑さに弱い生き物です。特に、子犬や老犬、ペキニーズやパグなどの短頭種、寒冷地原産の犬種などは、暑さに対応するのが苦手なので、より注意してあげてください。

 

 

まだまだ暑い日が続きますが、ワンちゃんと楽しい夏を過ごしてくださいね。

 

 

 

 

 

一覧に戻る

お問い合わせはこちら

ご予約カレンダー